コピーライティング

なぜリスト記事は読まれるのか?7つのカギ

「リスティクル」って言葉、
聞いたことありますか?

もし知らなくても大丈夫です。
私もつい最近知りました。笑

リスティクルとは、
「list」と「article」をかけ合わせた、
記事の形式ですね。

ハック系、役立つ系の
記事のタイトルで見たことありませんか?
「○○するための、5つの☓☓」とか。

そういうのは、
リスティクルと言うそうです。
ここではリスト記事と呼びましょう。

一時期、Facebookのニュースフィードでは、
本当に猛威を奮ってましたね。

どこを見ても、
リスト記事ばかり。

私もついつい
クリックして読んでしまい、
気付いたら時間が経っている…
ということがよくありました。

なぜ、それだけ
溢れかえったか?

もちろん、
それだけ効果があるからですね。

では、もう1歩踏み込んでみましょう。
なぜ、それだけ効果があるのか?
続きを読む

効果的なヘッドラインを作るための3つのシンプルな質問

マーケティングについて、
本やセミナーで学んだけど、
いざ実践となると、
実践できない人は、
とても多いです。

誰しもが実践して、
行動しない限り、
成果が出ないことは、
誰しもよく分かっています。

ヘッドラインも同じです。
これまでもヘッドラインの作り方は、
紹介してきましたが、
その作り方を知っただけでは、
成果は出ません。

とは言え、いきなり作るのも
勇気が要ると思うので、
少し作りやすいように、
ヘッドラインを作るための
質問を3つまとめました。

この質問を呼び水として、
効果的なヘッドラインを
考えてみてください。
続きを読む

絶妙なサブヘッドラインの書き方

サブヘッドって知ってますか?

簡単に言うと、
章ごとのタイトルです。

ヘッドラインで読者を惹きつけて、
オープニングで巻き込んでいって、
そして、次は、サブヘッドを見て、
読むかどうかを再度決める・・・

だいたいこんな流れですよね?

そのため、そのサブヘッドで、
読み手の欲しい情報がなければ、
そのまま離脱されてしまいます。

Googleの言うところの、
役に立つ記事にならないわけです。

でも、逆に言うと、
サブヘッドで読み手の興味をさらに高めることが出来れば、
読者は熱心に記事を読んでくれます。
ザッと流し読みをするのではなく。
続きを読む

書き始められない時に:バシッと始まる5つのオープニング

記事を書く前に、
何と書き始めたらいいか
悩みませんか?

メルマガや記事、動画の脚本など、
一連の流れのあるストーリーを作ろうとすると、
どうしても手が止まってしまうこと。

誰しもがあることです。
何億円と稼いでいる
プロのライターですらあります。

書き始めのオープニング、
どうすればいいんでしょう?
続きを読む

成果の出るヘッドラインの作り方

書き方

ヘッドラインというのは、
あなたと見込み客たる読者に対して、
最初の接点です。

あなたが読者の立場にいる時もそうだと思いますが、
FacebookやTwitterで流れてくるニュースの中で、
興味の有りそうなものだけ読みますよね?

それをどこで判断するかと言うと、
もちろんヘッドライン、タイトルですよね。

ヘッドラインの役割は
ただ単に読者の興味を引くだけではなく、

素晴らしいものになると、
そもそもその記事が誰向けのものなのかも含み、
本文に引き込む仕事を果たします。

また説得力のあるヘッドラインは、
読者に、かけた時間以上の
ベネフィットがあることを約束しています。

ボブ・ブライという有名なコピーライターが、
時間の選別に耐えた、売上に直結するヘッドラインを、
8つまとめてくれています。
続きを読む