コンテンツマーケティングに成功するための10の質問

コンテンツマーケティングは、
あなたのビジネスを成長させるために必要な戦略です。

見込み客を流入させ、ナーチャリングし、
そして問い合わせや購買に繋げる…

それがコンテンツマーケティングの役割です。

では、あなたは、そんなコンテンツを
しっかりとした戦略を持って作っていますか?
もしかして、思いつきで作っていませんか?

良いコンテンツをを作るためには、
まず最初に戦略を立てることが重要です。

戦略を立てることで、
見込み客にとって本当に価値のあるコンテンツを
提供することができます。

その結果、
見込み客を集め、メルマガ登録、お問い合わせ、
最終的には商品を申し込んでもらうといった、
あなたの目的が達成しやすくなります。

でも、具体的にどうやって戦略を立てていけばいいのか
わからない…

これからお伝えする10の質問に順番に答えていくことで、
あなたのコンテンツ戦略が明確になります。

では、これから質問をスタートします。
じっくりと時間をかけて、取り組んでみてください!

あなたの見込み客は誰ですか?

見込み客を特定し、具体的に説明してください。

例えば:

40代後半男性、既婚、コンサルタント、東京23区内在住、子供あり
1年前に20年勤めていた会社を退職し、コンサルタントとして独立したが、
集客がうまくいっていない。クライアント数も月によって波があり、
収入が安定しない。
広告費にお金を使いたいが、それに投資できるだけのお金もないし、
もしも広告を出したとして、うまく集客に繋がらなかった場合を考えると不安。
子供が今度、中学生になり、塾代などもかかってくるので、
出来るだけ早く収入を安定させたい。

といったように、見込み客をかなり具体的にしていきます。
ターゲット像を定めることで、明確な戦略を立てやすくなります。

見込み客の悩み・欲求は何ですか?

見込み客について、
きっとこういうことで悩んでいるんだろう
とあなたが思うことでありません。

見込み客のリアルな悩み・欲求です。
悩み・欲求に対して、見込み客が心の中で思ったり、
実際に口に出したりしていることです。

リアルな悩み・欲求をリサーチために、
Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトを利用するという方法があります。
一番いい方法は、あなたが見込み客にしようと思っている人達に
実際にヒアリングすることです。

あなたの競合は誰ですか?

あなたの直接の競合だけではありません。
間接的な競合、つまり、あなたから見込み客を奪うものも含まれます。

例えば、Webデザイナーの場合、他のWebデザイナーだけが競合相手ではなく、
デザイナーでなくとも、デザインできる本やツールなども競合のうちです。

あなたは見込み客に何を提供できますか?

競合がすでに提供しているものと同じものを提供しても、
見込み客の取り合いになってしまいます。

そこで、競合がやっていない、もしくはできない、
あなた独自のものを提供することが重要です。

3で答えていただいた、見込み客の悩み・欲求に対して、
あなただけが提供できるものは何ですか?

あなたが既に持っているコンテンツは、どんなコンテンツですか?

既に運用しているサイト、ブログ、そしてSNS上のコンテンツを
一度ご自身で評価してみてください。

現時点で、あなたのコンテンツが、見込み客を獲得するために、
どのくらい明確な戦略を持っているかが分かります。

そして最終的に見込み客にとって役に立つコンテンツになるよう、
改善していきましょう。

あなたのコンテンツの目的は何ですか?

あなたのコンテンツは何を目的にしていますか?

売り上げを伸ばすことですか?
リード獲得ですか?
権威を築くことですか?
オーガニック検索のトラフィックを増やすことですか?

おそらく全てが当てはまりますが、
それぞれのコンテンツは、それぞれ目的があります。

例えば、あなたが他のブログに書いた記事は、
あなたのサイトへのトラフィックを増やすことが目的です。

しかし、あなたのサイトのどのページも、その目的を果たすことができません。
例えば、訪問者をあなたの記事の有料購読者にする目的のランディングページは、
その目的のために存在します。

そして、その有料記事は、あなたと見込み客との関係性を構築していきます。
あなたの商品・サービスを買ってもらいやすくするために、
見込み客を教育する目的で作られています。

また、あなたが送るメルマガは、メルマガ購読者が、
あなたの商品やサービスの販売目的のランディングページに誘導することを
目的にすることもあります。

何の目的のために、そのコンテンツが存在しているのか?
あなたが作るそれぞれのコンテンツの
それぞれの目的を理解することは、とても重要です。

どのくらいの頻度でコンテンツを更新すべきか?

週に一度?それとも毎日?

もちろん、頻度が高ければその分、
素早くゴールまで行き着くことはできるでしょうが、
中身のないコンテンツなんて作っても意味がありません。

それは逆に、あなたの「ブランド」を毀損することになってしまいます。

無理のない範囲で、でもコツコツと続けていきましょう。

どうやってコンテンツを提供しますか?

どれほど素晴らしいコンテンツを作っても、
読者に見てもらう機会を作っていかなければ意味がありません。

ただし、SNSを使うと効率よく拡散できるからといって、
最近流行りのインスタを使おう!というような考えはNGです。

あなたの理想とする見込み客が50代のビジネスマンだった場合、
インスタを使っていますか?
彼らが普段使っているツールは何なのかを考えて活用していきましょう。

SNSを活用した効果的なマーケティングについて詳しく知りたい方は、
こちらをご覧ください。
効果的なソーシャルメディアマーケティングで重要な7つの要素

誰があなたのコンテンツ作成を担当していますか?
あなたですか?あなたであるべきでしょうか?

世界No.1のスモールビジネスアドバイザーであるマイケルE.ガーバー氏が、
「はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術」で伝えているように、
スモールビジネスの経営者は、自分の事業に集中して取り組むために、
帳簿をつけなどは他の人にお願いする必要があると思います。
自分で全てやろうとすると、本業に手が回らなくなり、
ビジネスを拡大することができなくなります。

私も過去、同じような経験をにしています。
Podcast第076回目「向井の反省:外注を使う3つのメリット」

ですので、新しいコンテンツを書いたり既存のコンテンツを管理するために
可能であれば誰かを雇いましょう。

あなたのコンテンツの戦略は何ですか?

最後に、あなたのコンテンツの内容を決め、
それを達成するための計画を立てましょう。

 

以上で、10の質問を終わります。

いかがでしたでしょうか?
あなたのコンテンツ戦略が成功することを心から願っています!

『メルマガを送る前のチェックリスト』
無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかも...

関連記事

あなたが頑張って営業をしなくても顧客から選ばれるためにコンテンツを今すぐ活用すべ...

顧客が巻き込まれ、シェアしてくれるコンテンツの作りこみ方

ステップバイステップ

今さら聞けない、初心者のための「ステップメール」講座

なぜあなたは「普段の自分」を晒してはいけないのか?

見込み客や顧客ともっと深い繋がりを持つ方法

自分には何もないと思っていても、権威を築く方法