Podcast第006回目「マーケティングに取り組むために必要なマインドセット」

今回のテーマは
「マーケティングに取り組むために必要なマインドセット」

前回、セミナーに参加する前に、
どのように考えるべきかという話をしました。

それでは、次に、学んだことを導入する時に、
必要なマインドセットの話をしたいと思います。

・マーケティングとは、地味な作業の繰り返し
・マーケティング関連のセミナーが罪深いと感じる、もう1つの点
・やることを1つに決めて、継続していくことが大事な理由とは?

YouTubeでご覧になる方はこちらから↓


書き起こしはこちら クリックで展開

【向井】 こんにちは、向井です。

【杉田】 こんにちは、杉田です。

【向井】 コンテンツマーケティング集客のツボPodcast始まりました。

【杉田】 はい。

【向井】 前回は終わりのほうで、マーケティングって言ってわかった気になってるの、マジやばいよって話をしました。

【杉田】 うんうんうん。はい。

【向井】 例えばジョイントベンチャーとか、LTVとか。
あと何だろう、フロントエンド、バックエンドとか。

【杉田】 はいはい。

【向井】 要は、そういう専門用語は、いっぱい知っています。
だけど、実際に手を動かしたことはありません。
そういうのが、一番やばいよって話をした。

【杉田】 うんうん。

【向井】 だって、お金につながらないですからね。
結局すごい思うのは、マーケティングって地味な作業だと思いません?

【杉田】 うん、地味ですね。

【向井】 もうなんか、一番これは言っちゃいけないことかもしれないんですけど。
マーケティングって、ものすごい地味じゃないですか。
だって、コンテンツマーケティングって、記事書いてなんぼじゃないですか。
まあ外注するって手も、あるかもしれないんですけれど、外注するお金がもったいないんだったら、結局自分で書くって話じゃないですか。

【杉田】 うん。

【向井】 まあ、自分で書くほうが、僕は一番いいと思いますけど。
じゃあ、その書くための時間を、毎日1時間とか2時間とか取るわけでしょう。
この動画だって、音声だって、わざわざ撮影しているわけですよ。

【杉田】 はい。

【向井】 これ撮影して終わりじゃないですからね。 

【杉田】 編集して。

【向井】 編集して、アップしてみたいな。
このアップするためにも、いろいろ僕3つ調べましたからね。
Podcastはどうやってやるのかみたいなとか、そういうのも。

【杉田】 うん。オープニングの動画つくれねえよ。

【向井】 そう、動画つくれねえよ、どうしようみたいな、どれがいいかみたいな音声も。

【杉田】 そうだね。

【向井】 英語のサイトを見ながら。
これは大丈夫なのかなみたいなことを見ながらとか。

【杉田】 (笑)うん。

【向井】 それがあるから、いまがあるわけで。

【杉田】 はい。

【向井】 そう、結局ものすごい地味じゃないですか。

【杉田】 うん。

【向井】 本当に、ああ、もう1個すごいマーケティングのセミナーとかで。

【杉田】 はいはいはい。

【向井】 罪深いなと思うのは。

【杉田】 うん。

【向井】 マーケティング会社とかも、マーケティングを教えてないし、できてないと思     うんです。

【杉田】 うん。

【向井】 じゃあ、マーケティングって何かって話ですけど、ほとんどの人が言っている     マーケティングって、プロモーションなんですよね。

【杉田】 はいはいはいはい。

【向井】 例えばLINEマーケティング、Facebookマーケティング、YouTubeマーケティ ング、あとなんでしょう、何とかマーケティングも全部そう、コンテンツマーケティングそうですね。

【杉田】 うん。

【向井】 全部そうです、何とかマーケティング、Twitterマーケティングなんでもいい     ですけど、新しくいっぱい出てくるのとか、後ろからどんどんどんどんどんどん、これは全部プロモーションなんですよ。

【杉田】 うんうん。

【向井】 マーケティングというのは、例えばFacebookでどうやって集客して、売上を作るとしても、もうそれを全部包含した、土台みたいな話ですよね。

【杉田】 うん。

【向井】 例えばFacebookでもTwitterでもYouTubeでも、そういうコンテンツマーケティング、本当メディアでも何でもいいですけれど。

【杉田】 うん。

【向井】 こっから、それぞれどれだけの人が見てくれて、インプレッションがあって、それをどれだけの人がコンバージョン、要はリストに登録してくれて、それぞれのリストから、どれだけ結局、最終的には購入。
で、購入になったなか、さらにじゃあ一番売りたいバックエンドにつながったかという、これがマーケティングですよねって思います。

【杉田】 うん、はい。

【向井】 これのテストをひたすらやっていくっていうのが、マーケティングです。

【杉田】 うんうん。

【向井】 そう、だけどほとんどの人は、みんな短期的な思考じゃないですかみんな、短期的利益を得たいじゃないですか。

【杉田】 うん。

【向井】 だからFacebookが流行ったっつったら、Facebookはやって、でも2カ月後、やっぱり難しいよくわからんつってすぐあきらめて、LINEっていうのがあると、LINEをやる。
で、またやってみて2カ月とかで、ああ、だめだと、いつもYouTube動画がいいって聞いたから、Youtubeやってみようとか。
そしたらまた、始まってすぐ終わるみたいな。

【杉田】 うん。

【向井】 HIKAKINってYouTuberじゃないですか。

【杉田】 うん。

【向井】 あの人ちなみに、どれぐらい前からやってたか知ってます。

【杉田】 どれぐらい前かは知らないけど、相当前からやってるのは知ってる。

【向井】 9年前からやってたんですよ。 

【杉田】 ああ。はいはいはい。

【向井】 逆にいうと、それぐらいやって、ようやくなんですよね。あそこまで行くのはね。

【杉田】 そうだよね。うん。

【向井】 だから、あと何だったかな。名前忘れましたけど、何とかさんという人が、前、Googleの中のYouTubeでやっている、セミナーに参加したんですよ。

【杉田】 ああ。はいはいはい。

【向井】 そこにYouTuber登場みたいなので、その、もともとその人、そいつYouTuberだったんですけど、整体師やってて。

【杉田】 うん。

【向井】 で、朝、もうブラック企業みたいなので、朝何時からっつったかな、朝の9時から夜中の11時まで整体やり、そっから毎日3時間やってたみたいな。

【杉田】 うん。

【向井】 毎日4時間しか寝てないの。それでそれを1年2年3年4年ってやって、ようやく芽が出たみたいな。まあ、でもそうやろねって。

【杉田】 まあね。

【向井】 だから、すごい思うのは、コンテンツマーケティングって、まさにそんな感じなんですよね。

【杉田】 うんうんうん。

【向井】 記事挙げてなんぼなんで、コツコツ、コツコツ、コツコツ、コツコツ、コツコツ頑張ったほうが勝つんです、結局は。

【杉田】 うんうん。

【向井】 僕だから、すごいマラソンが好きなんですけど。

【杉田】 はい。

【向井】 まあだから、そういうのも関係あるのかなって思うんですが。マラソンも、どんなにしんどくても、足を前に出さないかぎり、絶対に進まないんです、ゴールに。

【杉田】 うんうんうんうん。

【向井】 諦めたくなるわけです。だけど、爆風スランプの曲が頭に流れながら、そう頑張って走って、ようやくその自己最速じゃないですけど、一番いい成績出したりとか。

【杉田】 ああ。はいはい。

【向井】 そのためには、半年の練習が必要だったりするわけですよ。

【杉田】 うんうんうん。

【向井】 でもだから、有森裕子も言ってました。何でマラソン走れるんですか、ゴールのテープを切る瞬間のためだけみたいな。

【杉田】 そうだよね。

【向井】 だからなんかすごい思いますけど、いろんな社長さんとか見てて、みんなやっぱり短期的に求めすぎじゃねみたいな。
なんか覚悟決めてやれよと。いや、何かね、中学校とか小学校ぐらいのときって、大人ってもっと責任感があって、覚悟を決めてて頑張ってる人だと思ってたんですよ。
うちの父親は、そんな感じだったの。

【杉田】 はいはい。

【向井】 朝6時に起き、夜中の11時に帰ってくるみたいな。
土日とかも、図書館に行って仕事してる。

【杉田】 へえ。

【向井】 そう、だから、あんまり言うと、父の名誉に関わるんであれですけど。

【杉田】 (笑)     

【向井】 そういうのが当たり前だと思ってたんですけど。
いざ自分が社会に出ると、いや、まんざらそうでもないんやな。

【杉田】 そうだね。(笑)

【向井】 でも逆にいうと、そんだけやってたから、まあ偉くもなったし父親は。
みんなやってますよ、やっぱりそれぐらい。上に上って行ってる人は。腰を据えて。
だから本当に思いますけれど、みんな悩んでません、何をやればいいか。

【杉田】 ああ、はいはいはいはい。

【向井】 だから、ねえ、こうなんかすぐ飛びつくじゃないですか。

【杉田】 うん。

【向井】 もういいと、もう飛びつかんでいいと、これやるって決めろと、3年はやれみ     たいな。
絶対芽が出るから。それでだめだったら、もう諦めみたいな、いいじゃないですか、3年、あと何年あるの人生って感じですよ。

【杉田】 うん。

【向井】 だけど、まだ本当半年とかで浮気してたら、絶対芽は出ないですよね。

【杉田】 まあね。そうだね、でもよくある話で、まあそれこそちゃんと稼いでいる人と     か、例えばほら、メール1通で何千万とかって話とか、あったりするじゃないですか。

【向井】 ありますあります。

【杉田】 で、ああ、メールいいんだなと思って、やってすぐ諦める人が多すぎるけど。

【向井】 はい。はい。

【杉田】 メール1通で何千万つくるために、何年かけたと思ってんだって話をしてる人が。

【向井】 そうそうそうそう。

【杉田】 やっぱりすごく多くて。

【向井】 多いですね。

【杉田】 そのピカソだっけな。

【向井】 ああ、はいはいはい。

【杉田】 レシート、おばあちゃんサインなんか書いてくれみたいなので、ナプキンか何かにさらさらって書いて、5分くらいで書いて。

【向井】 300万とか。

【杉田】 そう、300万とかって言って、いやこれその5分で書いたので、すごい高くないって言ったら、いや僕がこの5分をつくるために、何年修行してたかって話をするっていう。

【向井】 そうそうそう。いやもうまさに、そのとおりだと思うんですよね。
だからネットが出てきたからか、何のせいなのかわかんないんですけど、みんなどんどん短期的な快楽を追求してる気がします。

【杉田】 そうだよ、だからYouTuberだって、すごい言われてるじゃん。
遊んでてポッと出せば、いいよねあれだけ売れてみたいな。
それは結構不憫だなとは思うけどね。

【向井】 ああ、そうですね。確かに。だから頑張れと。
一言で言うと頑張れと。こんなやつに言われるのはあれかもしれないけど、頑張るしかないって話です。

【杉田】 そうだね。まあでも、頑張り方を教わりに行くっていう。

【向井】 ああ、それはわかりますね。

【杉田】 なんか、どうしたら頑張りやすいかっていう。

【向井】 そうそうそうそう。

【杉田】 ニュアンス的に言ったほうがいいと思う。

【向井】 わかります。それはすごいよくわかります。
だから、コンテンツマーケティング集客のツボじゃないですか。
タイトルすごい何にしようかなって、悩んでたんです。
要はツボを押えましょうって話、僕のすごい好きな話が1つあるんですけれど、
明治時代にね、どっかの村に数学の天才がいたんですよ。
その人もうずっと没頭して、数学の研究しているみたいな、
もう朝から晩まで学校も行かず、数学をひたすら部屋にこもってやっていると。
親が心配して「あんた大丈夫?」なんって、「うるさい」つって、もう数学の研究してるような。
いつかな、20歳ぐらいになって、何か発見したぞみたいな感じで出てきたんです、飛び出して     きたりして。
どうしたどうしたって周りがみんな聞くと、発見したみたいな、数学の大発見だって聞くと、X=2a分のつって。

【杉田】 ああ、はいはいはい。

【向井】 解の公式、解の公式っていうものを発見したんだって言って。

【杉田】 うん。

【向井】 だけど、実際当時のレベルで言うと、小学校6年生に習ってるみたいな、だから、そのおっしゃる通り、自分でやるのも大事だけど。

【杉田】 うん。

【向井】 独り善がりになったらあかんって話、バランスですよね。

【杉田】 まあ、バランス感覚。

【向井】 いまその解説してることと、矛盾するんじゃないかって話、そうじゃないと、バ     ランス取れって話だ、結局これは。
だから聞いて学んで、いっぱい勉強してるでしょう、これ聞いてるような人は、セミナー行ったり、本読んだり、教材買ったりしてるかもしれない、それで学んだことを、じゃあ、もうやると決めろと。

【杉田】 うん、うん。
【向井】 本当にFacebookとかを見てて、何とか先生、何とか先生って、半年ほどぐらいで浮気している人がいますけど。

【杉田】 ああ、はいはいはい。

【向井】 腰据えて、その人をもういいやん、1個やったことをやれと。

【杉田】 まあね。

【向井】 聞いたことないですよ、落語家とかで大成した人で、こうころころ変わってく     みたいな。

【杉田】 (笑)まあ、そうだよね。

【向井】 そう。歌手も何かヒップホップになったり、何ですか、何かいろんな。

【杉田】 演歌歌ったりとか。

【向井】 演歌歌ったりとか、ないでしょう。

【杉田】 まあね。

【向井】 だってあのB’Zの稲葉さんは、俺たちがこんなここまでなれたのは、それは俺たちが歌だけに没頭した、タレント活動とかしてないでしょう。

【杉田】 そうだね。

【向井】 そのとおりなんだな。
誘惑が多すぎるじゃないですか。だけどもういいと、もうそこへもう決めろと、
僕だからコンテンツマーケティングって、もう決めようと思うんです。
やってると、やっぱり結果出ますからね、わかりましたでしょうか。

【杉田】 はい。

【向井】 頑張れって話です。

【杉田】 はい。

【向井】 いいのかな、これ。

【杉田】 決めて頑張れ。

【向井】 ああ、そう、決めて頑張れってことです。
学んで決めて頑張れ。そう、それし     かないですもん。

【杉田】 うん、なるほど。

【向井】 それ以上ないです。これ以上いってもないです。
はい。いかがでしょうか。逆に今日はこんな感じで、ありがとうございました。

【杉田】 ありがとうございます。

Podcastで聞くことができます。

 

関連記事

あなたが頑張って営業をしなくても顧客から選ばれるためにコンテンツを今すぐ活用すべ...

ゼロから始めるコンテンツマーケティング:初心者のためのシンプルな3ステップ

はてな

コンテンツマーケティングとは何だ?これだ!

多くのコンテンツマーケティング初心者が犯しがちな12の間違い

見込み客や顧客ともっと深い繋がりを持つ方法

自分には何もないと思っていても、権威を築く方法